桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州で暮らすアラサーぼっち妊婦の備忘録

妊娠25w 妊娠糖尿病の検査の結果

25wはグルコース検査のことで頭がいっぱいだったからか、新たなマイナートラブルは特にありませんでした。

相変わらずの便秘からの下痢、坐骨神経痛、膨満感のループでした。

坐骨神経痛は日によって痛みのムラがあり、ひどい日はペンギンのようにチマチマ歩いていましたが、なんとか動けています。

 

gurioinusa.hatenablog.com

 

先日受けてきたグルコーステストの結果の連絡がありました。

一度不在着信があり、折り返したのですがイマイチ話が通じず(英語力不足により)

ポータルサイト経由でメッセージを送ったところ、下記のような返信が。

 

Your glucose test was abnormal. (a little high ) So we need to do the 3 hour glucose test.

You will need to do a Carb overload diet for 3 days and then come in the next day for a 4 hour test. 

 

端的に言えば・・・しっかりグルコース検査、引っかかったようです。汗

いぃぃぃーやぁぁーーーと心の叫び。

26w4dにもう一度病院で再検査を受けることになりました。

今度は3時間の精密検査です。

夫に電話をしてもらい(繰り返しますが英語力不足により)詳細を確認。

すると驚きの指示が。

通常の食事に加え、1日あたりパン4枚、牛乳4杯、フルーツ3種類を3日間摂取して、

検査当日は0時から絶食するようにとのこと。

何も食べずに検査を受けるのではなく、むしろ食べる量を増やしてインスリンの分泌を促進させるのだそうです。

dietって「減量のための食事」というイメージがありますが

どうやらそれだけではないらしく・・・(夫がネイティブの人に確認したそう・・・)

辞書でも確認したところ思ったより単語の意味が広いです。

日常の(飲)食物、(治療・体重調節などのための)規定食、特別食、ダイエット、食餌(しよくじ)療法、食事制限 

新たな知識が身に付きました。

病院の職員は「あんまり心配しないでOKよ」とは言ってたそうですが、

それならば見逃してください~と正直思いました。

しかし、本当に妊娠糖尿病だったら胎児の命にも関わるし、自分の将来の健康状態にも影響がありそうなので、

素直に再検査を受けたいと思います。

またあのグルコースを飲むのか・・・。

今度は予約が朝なので夕方までの地獄の絶食ではないのでそれだけが救いです。

今度こそ疑いが晴れますように・・・。祈るばかりです。