桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州のアラサーぼっち子育て備忘録

妊娠8w 悪阻と闘う日々

8週に入り、毎日自分の身体に変化が起こっているのを感じます。

順調に・・・日常生活に支障が出ています。

今の症状はざっと下記の通りです。 

 

・寒気

・眠気

・だるさ

・胸の張り

・吐き気

・胃もたれ

・食欲不振と空腹が同時に起こる

・食べ物の好みの急激な変化

・異常に敏感な嗅覚

 

恐らく一般的な症状です。

最初はPMSと変わらない症状だと思いましたが、身を持って違いがわかってきました。

食べつわりと吐きづわりは当初から起きており、5週を過ぎたあたりから、嗅覚が異常に鋭くなってきました。

夫のおならやげっぷを離れた場所であっても嗅ぎつけるので、警察犬なんて呼ばれています。

匂いつわりと言われているようですが、これは一番厄介かもしれません。

食事の準備から掃除まで台所仕事全般は好きだったのですが、ある日を境に急に辛いものになりました。

大袋のほうれん草の匂い、みそ、醤油、出汁、お肉、野菜、うどんやそばのゆで汁の匂い・・・

お米の研ぎ汁の匂い・・・

全てが急にとんでもない悪臭のように感じ始めました。

使用済みの食器やお弁当箱、冷蔵庫の匂い・・・いろんな匂いが混ざると特に辛い。

しまいには調理の途中にも調味料の匂いで気持ち悪くなり、吐きそうになりました。

何日かこれが続きもう限界だと思い、料理をしばらく休みたい旨を夫に泣いて訴えました。

最初は夫も納得してない様子でしたが、悪阻で苦しむ時間が増えたのを目の当たりにして理解してくれました。

9月に入ってからは一切の炊事を放棄して、自炊してもらっています。

(本当に申し訳ないけどありがたい・・・)

夫には相当負担を掛けてしまっていますが、夫婦で乗り切るしかありません。

こういうときに日本のコンビニやお弁当屋さん、お惣菜屋さんがあれば助かるのですが今は完全にないものねだりです。

外国で妊娠生活を送ることとはこういうこと・・・。

在米日本人向けの宅食のサービスがあれば絶対利用するのにな、なんて思っています。

 

【直近で食べられたもの】

①桃 

ジョージア州の美味しい桃に感謝です。

②いちご

→値段があまり変わらないのでオーガニックを選んでいます。

③コーンフレークと牛乳

→日本でもお馴染みのケロッグとPublixのPBブランドのものが美味しいです。

④おかゆ(梅入りもしくは塩のみ)

→調子がよければ。作っても食べられないときも多々。

マクドナルドのポテトとハンバーガ

→なぜか本当にこれだけは食べれます。噂通り。不思議・・・

⑥炭酸水もしくはマウンテンデュー

→炭酸が抜けたものは最悪です。マウンテンデューは糖分が美味しく感じます。

⑦PUBLIXブランドのオレンジジュース

→酸味がちょうどよい。ほかのメーカーのはダメでした・・・。

ポカリスエット

→日系食材店で粉末タイプ5袋$10 背に腹は代えられない!即刻購入です。

※これらに加え、葉酸のサプリとカルシウムのサプリは必ず毎日摂取しています。

 

これらの繰り返しです。

本当はほかのものが食べたい・・・でも口にするのがやっとです。

正直飽き飽きしています。

寝る前にも容赦なくお腹が減るので仕方なく食べるのですが・・・食べても食べても本当に食べたいものではないからか、少しも心から満たされないのです。

また、現状お肉も魚も野菜も一切受け付けないため、体重がどんどん減っています。

それでも、この時期のお腹のこどもは栄養袋から摂取するから問題ないとのことなので食べれるものだけ食べたいと思います。

ネットで日本の食べたいものの画像検索をしては、遠い日本に思いを馳せつつ現実に打ちひしがれています。

無事出産してからにはなりますが、次の帰国では惜しみなく日本全国グルメツアーをしてやろうと思います。メラメラ

もう本当にそれだけが今の楽しみといっても過言ではありません・・・。

悪阻が治まったらもうちょっと妊娠の幸せを実感して晴れ晴れとした気持ちになるのでしょうか。

今はただただ耐えるのみです。