桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州で暮らすアラサーぼっち妊婦の備忘録

アメリカのOB/GYN(産婦人科)⑯ 産後6週間検診

早いもので産後6週間が経ちました。

気づけば娘も生後1ヶ月をとうに迎え、日々成長しています。

ブログをさぼりっぱなしでしたが、出産のインパクトが大きすぎて妊娠中や出産前後の出来事を急速に忘れつつあります。笑

これまでのことをブログに書き留めておいてよかったと改めて思ったので、育児の合間に細々とブログは続けようと思います。

 

6 weeks following delivery a postpartum(産後6週間検診)のため、産後は初めてのOB/GYNに訪問しました。

約8ヵ月毎回ドキドキしながらも通ったOB/GYNはやはりほっとする雰囲気でした。

しかし今回は娘を連れての訪問だったのでなんとも感慨深かったです。

顔なじみのナースたちに「おめでとう!」「ビューティフル!」等々声をかけてもらい嬉しかったです。

 

 <診察内容>

①体重測定

②尿検査

③ナースの問診、血圧チェック

④医師の問診、内診

⑤血液検査

 

妊娠中と何ら変わらない検診内容でしたが、お腹にいた子は診察台のすぐ横に置いたストローラーでピースカ&ぐずぐず…ちょっと不思議な気分でした。

(夫がその場でミルクを与えておとなしくなりましたw)

 

・出血はないか

・産後のうつ病の症状はないか

・下腹部に痛みはないか

・授乳の方法

・授乳は順調か

 

産後1ヶ月は凄まじい各種不調に襲われたのですが、OB/GYN訪問時には概ね回復していたので特に相談したいことはありませんでした。

しかし、血液検査をしたところ貧血気味とのことで処方箋が出されました。

(処方薬が高額だと感じたら市販の鉄剤でもいいので服用するようにとのこと)

これまで飲んでいたプレネタルとカルシウムのサプリに鉄剤も加わりました。

サプリ嫌いの私はなんとも辛いですが仕方ないですね…。

 

久々の内診はやっぱり怖いなと感じました。

縫合した傷は治っているとはいえ結構な期間ずっと痛かったですし。

しかし出産を経た今は力の抜きどころや深呼吸の仕方を心得ていますので久々の内診も無事に乗り切れました。

経過は良好。

妊娠後期に見つかったポリープは出産とともに消え去ったようです。

手術の必要はありません。安心しました。

 

血液検査の際にナースに「出産はどうだった?」「赤ちゃん何ポンドだった?」等いろいろ聞かれたのですが、何一つ思い出せずその場では全く答えられなかったのでびっくりしましたw

「・・・全部忘れた」と正直に答えると笑われました。

 

これでもうここに来ることはないのだな、ちょっと寂しいな…と思いきや

次回は3か月後に婦人健診の予約を取るようにとのこと。

再訪予定ができましたw

しかし、第一子の妊娠と出産に関しては今回の検診を以って終了です。

育児はまだ始まったばかりですが、第一子の妊娠と出産は無事にやり遂げられたのだと思うと達成感がありました。

そして改めて本当に良いOB/GYNに巡り合えたなと思います。

優秀な医師やナース、スムーズなシステムで8ヵ月安心して通えました。

第二子の予定は未定ですが、その際にはまたお世話になりたいと思えるOB/GYNでした。

 

出産直後のことを思い出すと、心身ともにズタズタでこのまま立ち直れないのではないかと思いました。

縫合の傷は痛いし痒い、手足に凄まじい蕁麻疹、腰の痛み、悪寒と震え、頭痛など思うように動かないという身体的な不調。

なによりも辛かったのはメンタル面。

生理前のPMSをはるかに上回る感情の不安定さでした。

ところ構わず涙が出て、コントロールができませんでした。

今日はすがすがしい気分だー!と思っても数時間経つとすごく落ち込んだり、とにかく感情の起伏がすごかったです。

産褥期について理解が足りなかった夫の何気ない一言にかなり傷つきましたし、本当に腹が立ちました。

逆に私も急に環境が変わって疲れている夫に配慮が足りなかったり…。

産後の手伝いに来てくれていた実母にはとっても見苦しい姿を見せてしまいました^^;

今思うとお互い環境の変化に慣れずに心の余裕がなかったんだろうなと思います。

しかしこれらも時間が経つにつれ、心身ともに回復するにつれ少しずつ状況は良くなってきました。

一時はどうなるかと思いましたが、6週間検診を無事に迎えられてよかったです。

体は妊娠前と同じようには戻ってはいませんし、無理のない程度にがんばっていこうと思います。

 

これで一区切りついたので本当の意味での育児が始まりました。

今のところ、娘も病気をすることなく毎日元気に過ごしています。

悩みは絶えないでしょうが、まずは産後の第一難関をクリアできました。

39w5d 第一子を出産しました。

最後のOB/GYNの検診とあわやの緊急入院から約3日後…

39w5dに元気な女の子を出産しました。

EPI(麻酔)を入れてからの待機時間は10時間、

分娩自体は約35分というスピード出産でした。

 

当初の予定日の2日前、産後ヘルプにやってきた母の滞在日数を無駄にすることなく

我が娘は生まれてきてくれました。

 

無事に出産してほっとしたのもつかの間。

48時間で予定通りの退院。

諸々の産後の身体の不調と慣れない育児に手を焼いております。

この1週間で生活が激変しましたが、日々我が子は元気に成長しています。

 

自分の記録のためにも記憶があるうちに出産記録は別途書きたいと思います。

アメリカのOB/GYN(産婦人科)⑮ 緊急入院!?

妊娠39w1dに検診に行ってきました。

出産予定日までの最後の検診です。

 

<検診内容> 

①体重測定

②尿検査

③ナースの問診、血圧測定

④NPによる問診、心音確認、子宮底長の測定、子宮口チェック

 

いつものドクター(MD)とは異なるNPという称号の看護師による問診がありました。

ナースプラクティショナー(特定看護師)の略で、日本にはない上級看護職だそうです。

アメリカのほとんどの州がNPによる医療行為を認めているそうで、今回はNPによる診察でした。

するとまさかの展開が。

「頭が少し出てきています。今からLabor&deliveryに向かいましょう!!」とのこと。

 

えっ!!!???

 

心の準備が全くできていませんでした。

確かにお昼いつもはならない下痢のような便通があり、OB/GYNでは待合室のソファから立ち上がった瞬間に腰が痛く歩きづらさを感じていました。

Labor&deliveryへ直行となると…急に怖気づいてきました。

しかもこの検診の後、母を迎えにアトランタ空港に行く予定・・・。

これはどうしよう…と思っているうちに車いすが登場。

下の衣服は脱いだまま紙のシーツで覆われ、6,7人のナースに囲まれ、OB/GYNの秘密の通路を通り、気づけばLDRに通されていました。

LDRに入った瞬間に上の衣服もはぎ取られ(笑)、あれよあれよという間にベッドに載せられました。

ペーパーワークも少々。渡された書類にサイン、サイン、サイン。

私の指やお腹にどんどん管が付けられていき、モニターには赤ちゃんの心音図が映され、心音が流されていました。

ベッドに横たわったままナースの問診。

喫煙、アルコール、ドラッグはやるのか、既往症、家族に病気の人がいるか等々。

そして今度はLDRのナースによる子宮口のチェック。

これがまた…とても痛かったのです。泣

これが噂に聞く内診ぐりぐりというやつでしょうか…

本当に痛かったです。

仮に今日出産だとしてもこれがあと何回あるのだろう…と痛みに耐えながら自分の顔が真っ赤になっていくのを感じました。

そしてOB/GYNのドクターも登場。

今度はドクターによる子宮口のチェック。

ナースに比べて痛みはマシなものの、それでも痛いものは痛いです…。

I'm sorry~と言ってくれるだけマシなのですが、心折れそうでした。

ドクター曰く、子宮口が指も入らないぐらい閉まっているので1時間は様子見ということで一旦待機。

このまま出産となると母を空港まで迎えに行くのは不可能…

私一人でこの状況を乗り越えなきゃいけない…ととても不安になりました。

ドクターもナースも部屋から出て行き夫と2人でLDRに残され、モニターを通した赤ちゃんの心音を聞き続けていました。

数分経って冷静さを取り戻したら急にお腹が空いてきました。

こっそりベッドで鞄に入っていたおやつのミニドーナツをぱくり。

冷たいお水を飲んで自分の状況をやっと理解できました。

しかし、直感で今日は出てこないだろうなと思っていました。

1時間経過して再びナース&ドクター登場。

再度内診ぐりぐり2連発。もう耐えきれず絶叫でした。

やはり子宮口が閉まっており今日は分娩できないので一旦帰宅していいということになりました。

しかし、2~3日中には生まれるだろうから(!!)何かあったらすぐにLabor&deliveryに来るようにと。

1時間半ぶりにトイレに。内診による出血で久々に自分の血を見てくらりとしました。

生理用ナプキン持ってきておいてよかったです;;

ナースが戻ってきて退院証明の書類にサイン。

がっかりしたようなほっとしたような複雑な気持ちでLDRを後にしました。

良い予行演習になったと思うことにしましたが、

一度内診ぐりぐりの恐怖を知ってしまったので再度LDRに行くことに恐怖心が少し芽生えています。

LDRに行かなきゃ我が子にも会えないんですがねぇ^^;

 

たった数時間の出来事でしたが、めまぐるしい時間でした。

本番の出産はもっといろいろあるのでしょうか…。

大きなライフイベントを乗り越えようとしているのだと改めて感じた日でした。

正直本当に怖いですが、がんばろうと自分に言い聞かせています。

妊娠36w~38w 10ヵ月の体調と前駆陣痛

10ヶ月になってもう3週間丸々過ぎてしまいましたが、ゆっくりしすぎて記録を怠りそうでした。

後々のためにもまとめて3週分まとめて記録を残しておきます。

 

・初めての前駆陣痛

本で読んだり話には聞いていた前駆陣痛でしたが、実際どういうものかあまりわかっていませんでした。

しかし38w5d、胎動とは何か違う張りを初めて感じました。

1~2時間もの間、ぎゅーっとなっては収まり・・・の繰り返し。

「あ、これが噂の前駆陣痛だな」と直感で悟りました。

根拠も経験もありませんが、感覚的にはまだ出てこないような気がしたので横になって様子見。

こんな調子の前駆陣痛が2~3日続きましたが、いまだ出てきておらずホッとしています。

本陣痛はきっとこんなものではないのだろうと戦々恐々です。

 

・身の回りの準備

前駆陣痛があったことで急いで身の回りの準備を進めました。

既にパッキング済みの入院準備品のバッグをいつでも持ち出せるように玄関付近に移動させました。

最長2泊の想定で準備しましたが、必要なものの種類は変わらないので結局はけっこうな荷物になりました。

紛失防止に授乳クッションのタグに名前を書いたり地味な作業もチマチマと行い、夫の宿泊用の荷物も用意。

これでおそらく入院準備品はOKです。

そして、当日焦らなくてもいいようにカーシートとストローラーを車に積みました。

日よけ、ベビーミラーも同時に設置。

これらを載せただけで私の車が一気にママ仕様の車になりました。

自分の車ではないみたいです。

まだ見慣れないですが^^;

これから自然と馴染んでいくんでしょう。

 

・36~38wの体調

前駆陣痛を除き、この3週間ほぼ同じような体調でした。

体温はずっと高く、寝汗は毎晩よく出ます。枕に敷くタオルは必須。

頭皮のあせもは妊娠初期から季節が巡っても治っていません。

(日常生活に支障が出るほどではないですが…)

毎晩しっかり髪の毛は乾かして寝ますが、夜中にトイレと寝汗で起きては扇風機を頭皮にあてています。

食欲や便通は極めて順調です。

妊娠初期に食べられなくなった青野菜(ほうれん草やブロッコリー)もまた問題なく食べられるようになりました。

後期悪阻を心配していましたが、ここまできたのでもう心配はなさそうです。

初期の悪阻で心身ともにかなり消耗したことを思うと、後期を快適に過ごせているのがとても嬉しいです。

ゆっくり過ごしているので体重は妊娠前より+11㎏になりました。

日本だったら怒られちゃいますかね…。

 

・歯のトラブル

2月より歯科矯正を始めてから歯のケアにはいつも以上に慎重になっていたのですが、ちょっとした事件が起きました。

ある週末、魚のフライ(固くはありません)を食べていると急にガリっと音が…

恐る恐る鏡でその場所を確認して触ってみると…

米粒ぐらいの欠けた奥歯が発掘されました…。

幸い矯正とは無関係の歯。

10年以上前に銀歯になっていた歯なのですが、銀歯の周辺に虫歯ができて欠けてしまったようです。

週明けに急いでクリニックに電話。

6日後に急遽診てもらい、一時処置の上、矯正とは別に治療を進めることになりました。

出産直前に何やっているんでしょう、私…とちょっと凹みましたが^^;

矯正の経過(良好!)もついでに診てもらえたのでよしとします。

 

ブログの更新を怠りながらのんびりと10ヶ月目を過ごしていましたが、予定日まで1週間切りました。

お腹の中でまだまだ動いている我が子との対面の日が近づいています。

不安で泣きそうになるときもあるのですが、

笑顔で我が子を迎えられるように

元気にお産ができるように

しっかりと食べて眠って残りのマタニティライフ楽しみたいと思います。

アメリカのOB/GYN(産婦人科)⑫⑬⑭ 10ヶ月検診 

早いもので妊娠10ヶ月です。

検診のサイクルが週一になったので36~38週まとめての記録です。

検査の流れにがほぼ同じになってきたので、変わり映えしませんが念のため。

 

・36w1dの検診内容

①体重測定

②尿検査

③ナースの問診、血圧測定

④医師の問診、心音確認、子宮底長の測定、子宮口のチェック、GBS検査

Group B strep(B群レンサ球菌感染症/GBS検査)がありました。

陰性だったので特に問題なしでした。

 

・37w1dの検診内容

①体重測定

②尿検査

③ナースの問診、血圧測定

④医師の問診、心音確認、子宮底長の測定

 

・38w1dの検診内容

①体重測定

②尿検査

③ナースの問診、血圧測定

④医師の問診、心音確認、子宮底長の測定、子宮口のチェック

 

10ヶ月検診となるとほぼ毎回同じ内容です。

幸い出血や胎動の異常もないので、検診がとても早く終わるようになりました。

予約時間より早めに行ってもすぐに呼ばれて20分ほどで帰っています。

 

子宮底長は約36㎝まで成長。

エコー検査も既に終わってしまい、頭の位置や足の位置は毎回ドクターがお腹の上から触って教えてくれます。

ちゃんと頭は下にあるようで、今の状態だと帝王切開にはならなさそうです。

頭はすぐそこにあるけれども(!)子宮口は完全に締まっているそうで心配なさそうです。

破水したら電話しなくてもいいからすぐにLabor&deliveryに来ること、

5分に1回、1時間の陣痛が続いたらすぐにLabor&deliveryに来ること、

決してemergencyの受付に行かないこと(管轄が別なので対処できないそう)等々

ドクターからのアドバイスが出産に向けたより具体的なものになってきました。

相変わらず内診は怖いし叫んでいますが(笑)いよいよ出産が近付いていることを実感しました。

 

毎週のようにOB/GYNを訪れるとちょっとおもしろかった出来事が2つありました。

 

①妊婦違い

近頃の検診時は夫に病院の入口で下ろしてもらい病院に入っているのですが

この日どうやら別の産気づいた妊婦さんを入口で待機していたようで、車いすを持ったナース2名に誘導されそうになりましたw

"I just visit OB/GYN!"と言って誤解は解けたのですが、電話しておけば待機していてくれるのかと勉強になりました。

 

②日本で産んじゃだめよ!!

38wの検診で、無痛分娩を希望の旨が受け付けられているかドクターに再度確認しました。

無痛分娩が標準での受付になっているとのこと。

そしてドクターが「アメリカは99.9%無痛分娩よ!!!!」と仰るので

夫が「日本ではその逆です。自然分娩を希望する人が多いです」と言ったところ、ドクターは心から驚いたようで

「正気なの!!??日本で産んじゃだめよ!!!!」と大騒ぎでした。笑

今頃ドクターどうしで噂しているかもしれません。

 

こんな調子で出産予定日までのOB/GYNへの訪問は残りあと1回。

去年の9月に初めて訪問してから通算14回の通院でした。

いよいよ出産の日が近づいていると思うと、なんだか感慨深いです。

準備はだいたい完了させたつもりですが(あ、バースプラン・・・)どきどきです。

予定日までの残り数日、無事に過ごしたいと思います。

アメリカで両親学級に参加しました。

気づけば4月です!

34w3dに出産予定のwellstar Kennestone Hospitalにて両親学級に参加してきました。

クラス名は”Joy of Parenthood”

時間は3時間、参加費は一組あたり$30でした。

 

f:id:imomu-rakuraku1103:20180330031317j:plain

f:id:imomu-rakuraku1103:20180330031321j:plain

実技用の赤ちゃん人形を選んで着席。

choose the baby~!なんて日常生活では言われないことなのでちょっとおもしろかったです。

男の子、女の子の人形だけでなく人種別の人形も。

赤ちゃん人形まで多様な人種が置かれているのもアメリカらしいと思いました。

 

講義は参加者の自己紹介からスタート。

この日の参加者は私たちを含めて7組のカップル。

初対面の多数のアメリカ人の前で自己紹介・・・!

ひぃぃぃぃぃぃ

普段一人で過ごす時間が多い私にはなかなかの試練でしたが

人間やればなんとかなるもので・・・緊張しながらもなんとか自己紹介。

幸いうんうんと聞いてくれる方ばかりでよかったです。

 

実技、座学含めて講義内容はざっと以下の通り。

・両親になるための心構え

・赤ちゃんの身体的特徴とかかりやすい病気(SIDSなどのリスクも含め)

・赤ちゃんの発達について

・授乳について

・父親の心構え

・スワドル(おくるみ)の巻き方

・赤ちゃんの抱っこの仕方

・沐浴の方法

 

英語での講義はハードルが高いと思いましたが

実用的な内容で講師の説明もわかりやすかったですし、本やネットで見て予備知識もあったので意外と理解できました。

完母主義だとかミルク否定とか主義主張の偏りや極端な精神論が詰め込まれているわけでもなく本当に聞きやすい内容でした。

何よりも日本とアメリカの方法の違いをこの3時間の講義内容だけでもかなり感じられたので参加してよかったと思いました。

一例を挙げれば下記の通り。

 

・新生児のへその緒の扱い方

日本→アルコール消毒して清潔に保つ

米国→乾くまでへその緒は触らず、アルコール消毒は使ってはいけない

・お風呂の頻度

日本→基本毎日

米国→乾燥するので2,3日に一度でよい

 

細かいことですが、随所に日米の多くの違いを感じました。

こういった違いも含め、講義で習った重要なことは帰宅後に付箋に書き写し、育児本に貼り付けて時々見返しています。

日米どちらの方法が正しくてどちらが間違っているということはないと思うので、自分にとってやりやすい方法を取り入れようと思います。

神経質になりすぎることなく安全は守りつつ、ちゃんと子が成長すればOKぐらいのスタンスで行こう!と体のいいズボラ育児作戦でやっていこうと決めました。

 

今回の両親学級は3時間だったので眠くなる暇もなくあっという間に終わりました。

ギチギチの詰め込みという感じでもなく、ちょうどよいボリュームでした。

どれぐらい実際の育児で実践できるか不安ではありますが、夫も一緒に行けましたし参加してよかったと思いました。

妊娠35w 入院準備品リスト

ついに妊娠35週、9ヶ月最後の週です。

 

・35週の体調

9ヶ月に入れば大人しくなると聞いていた胎動ですが・・・

我が子は大人しくなるどころかドンドン強くなっています。

本当にどんな姿勢でいるのでしょうか。

近頃はあばら骨あたりにも肘なのか足なのかがあたっており本当に痛いです。

「元気だね!わかったから痛いよ~」と話しかける日々です。

元気なのは本当に嬉しいのですが、寝る時間と洗い物をしている時間は大人しくしていてほしいものです。

食欲は衰えることもなく、順調に体重が増加中です。

そろそろ10㎏超えてしまいそうです。

快調だった便通は2日に1回にペースダウン。

それでもつわりがピークだったころに比べれば随分快適に過ごせています。

 

歯列矯正治療の経過

抜歯から約1週間経ちましたが、ドライソケットになることもなく経過は順調です。

抜歯した周辺の歯がちょっとずつ押し合っているといいますか少しずつ動いている感覚はあります。

たまにその力が痛いなと思うこともあるのですが、動いている証拠だと思いますし、寝て起きると特別痛みはありません。

今使っている歯ブラシ、むしろアメリカの一般的な歯ブラシはとても大きいので磨きにくさを感じます。

来月母に来てもらうので矯正用の歯ブラシを楽天で購入しました。

使いやすそうなので楽しみです。

 

・入院準備品

36週からいよいよ10ヶ月に入るので入院準備をしました。

ホスピタルツアーでは「特に何も要らないわよ」と言われましたが、たとえ1泊2日でも必要なものは必要です。

日本のサイト、アメリカのサイト両方を参考にしつつ普段の自分の必需品を加え準備しました。

 

<当日に絶対必要なもの>

・ID(州の免許証かパスポート)

・保険証

・カーシート

 

<パッキング完了>

・授乳パジャマ(日本のもの)

・自分の下着類(産褥ショーツ2枚、普通のショーツ1枚、授乳対応キャミソール、靴下)

・夫の宿泊用下着類(当日忘れそうなので)

コンタクトレンズ(ワンデー両目2セット)

・歯間ブラシ(矯正中なので必須)

・バスセット(歯ブラシ、MUJIのオールインワンゲルミニ、旅行用シャンプーリンス)

・生理用ナプキン2枚(夜用)

・スリッパ(飛行機内で貰った使い捨てのもの)

・ペットシート3枚(破水対策)

・タオル3枚

・ペンとメモ

・ウェットティッシュ

・ベビーワイプ(レジストリーのサンプルでもらった分)

・赤ちゃんのおくるみ

・赤ちゃん用ブランケット

・赤ちゃんの肌着(短肌着、カバーオール、靴下、帽子)

・授乳枕

・乳首保護クリーム

・授乳パッド4枚

・おやつ(日本のもの)、ミネラルウォーター

・折り畳みエコバッグ

 

<まだ入れられていないが持って行くもの>

・バースプラン

母子手帳

・メガネ

・退院時の着替え(ゆったりめのワンピース、マタニティレギンス)

・着圧ソックス

・携帯電話の充電器

・SSNのコピー(とっさに思い出せない気がするので・・・)

・カメラ(夫に持って来てもらいます)

 

1泊2日、長くても2泊3日を想定して、思いつく限りざっと用意しましたが・・・

修学旅行で使うような大きさのボストンバッグ1個分ぐらいになりました。

ギリギリまで使っているものも含まれているので100%完了ではありませんが概ね完了です。

あとはすぐに持ち出せるように1階の玄関付近に置いておこうと思います。

本当に必要だったもの、不要だったものは産後にまた検証したいと思います。