桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州で暮らすアラサーぼっち妊婦の備忘録

妊娠36w~38w 10ヵ月の体調と前駆陣痛

10ヶ月になってもう3週間丸々過ぎてしまいましたが、ゆっくりしすぎて記録を怠りそうでした。

後々のためにもまとめて3週分まとめて記録を残しておきます。

 

・初めての前駆陣痛

本で読んだり話には聞いていた前駆陣痛でしたが、実際どういうものかあまりわかっていませんでした。

しかし38w5d、胎動とは何か違う張りを初めて感じました。

1~2時間もの間、ぎゅーっとなっては収まり・・・の繰り返し。

「あ、これが噂の前駆陣痛だな」と直感で悟りました。

根拠も経験もありませんが、感覚的にはまだ出てこないような気がしたので横になって様子見。

こんな調子の前駆陣痛が2~3日続きましたが、いまだ出てきておらずホッとしています。

本陣痛はきっとこんなものではないのだろうと戦々恐々です。

 

・身の回りの準備

前駆陣痛があったことで急いで身の回りの準備を進めました。

既にパッキング済みの入院準備品のバッグをいつでも持ち出せるように玄関付近に移動させました。

最長2泊の想定で準備しましたが、必要なものの種類は変わらないので結局はけっこうな荷物になりました。

紛失防止に授乳クッションのタグに名前を書いたり地味な作業もチマチマと行い、夫の宿泊用の荷物も用意。

これでおそらく入院準備品はOKです。

そして、当日焦らなくてもいいようにカーシートとストローラーを車に積みました。

日よけ、ベビーミラーも同時に設置。

これらを載せただけで私の車が一気にママ仕様の車になりました。

自分の車ではないみたいです。

まだ見慣れないですが^^;

これから自然と馴染んでいくんでしょう。

 

・36~38wの体調

前駆陣痛を除き、この3週間ほぼ同じような体調でした。

体温はずっと高く、寝汗は毎晩よく出ます。枕に敷くタオルは必須。

頭皮のあせもは妊娠初期から季節が巡っても治っていません。

(日常生活に支障が出るほどではないですが…)

毎晩しっかり髪の毛は乾かして寝ますが、夜中にトイレと寝汗で起きては扇風機を頭皮にあてています。

食欲や便通は極めて順調です。

妊娠初期に食べられなくなった青野菜(ほうれん草やブロッコリー)もまた問題なく食べられるようになりました。

後期悪阻を心配していましたが、ここまできたのでもう心配はなさそうです。

初期の悪阻で心身ともにかなり消耗したことを思うと、後期を快適に過ごせているのがとても嬉しいです。

ゆっくり過ごしているので体重は妊娠前より+11㎏になりました。

日本だったら怒られちゃいますかね…。

 

・歯のトラブル

2月より歯科矯正を始めてから歯のケアにはいつも以上に慎重になっていたのですが、ちょっとした事件が起きました。

ある週末、魚のフライ(固くはありません)を食べていると急にガリっと音が…

恐る恐る鏡でその場所を確認して触ってみると…

米粒ぐらいの欠けた奥歯が発掘されました…。

幸い矯正とは無関係の歯。

10年以上前に銀歯になっていた歯なのですが、銀歯の周辺に虫歯ができて欠けてしまったようです。

週明けに急いでクリニックに電話。

6日後に急遽診てもらい、一時処置の上、矯正とは別に治療を進めることになりました。

出産直前に何やっているんでしょう、私…とちょっと凹みましたが^^;

矯正の経過(良好!)もついでに診てもらえたのでよしとします。

 

ブログの更新を怠りながらのんびりと10ヶ月目を過ごしていましたが、予定日まで1週間切りました。

お腹の中でまだまだ動いている我が子との対面の日が近づいています。

不安で泣きそうになるときもあるのですが、

笑顔で我が子を迎えられるように

元気にお産ができるように

しっかりと食べて眠って残りのマタニティライフ楽しみたいと思います。