桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州のアラサーぼっち子育て備忘録

妊娠32w 9ヵ月突入

妊娠32週を迎えました。ついに9ヵ月突入です。

 

・32週の体調

今週も胃腸の調子はよく、毎日ちゃんとお通じがありました。

31週もお通じの調子がよかったですし、妊娠してから一番お通じの調子は良いかもしれません。

そのおかげかいぼ痔の調子はとても良くなりました。

毎日ワセリンでのケアは続けていますが、前ほど大きくないですし、ちゃんと戻ります。笑

胎動も絶好調。

夜中に動くタイプのようで2:30、4:30にトイレに起こされます。

眠くてトイレ我慢して無視して寝ようとしてもむぎゅーっと力いっぱいお腹を押してきて起こされます。

1回起きてしまうと再び眠れない日もあり、朝や夕方に小一時間睡眠を補っています。

3月に入り朝晩の気温の差が激しくなっています。

朝は-1℃かと思いきや日中は18℃になったり・・・。

ジョージア州の春は気温の差が激しいそうで典型的な気候だそうです。

そのせいか喉をやられてしまい、朝起きると猛烈な痛みが・・・。

塩水で何度もうがいをして首にタオルを巻いて寝続け、なんとか2日で喉の痛みは撃退しました。

風邪を引いてこじらせるのが一番怖かったのですぐに症状が治まって安心しましたが、季節的に気をつけなければと思いました。

 

・初めてのベビーシャワー体験

ご近所に住む先輩日本人ママの集いの皆さんがベビーシャワーをしてくださりました。

まさかのアメリカ式でお祝いをしてくださるとは思わずとっても感動しました。

おむつケーキやベビー服などかわいいプレゼントまで頂き、バルーンをリビングの暖炉に再設置。

殺風景だった我が家のリビングがとても華やかになりました。

帰宅してバルーンとおむつケーキを見た夫も大喜び。

日本の家族にもこれらの写真を送ると、とても喜んでくれました。

「こんなに生まれてくるのを待ってくれてる人たちがいるなんて幸せな子だね」と。

本当にその通りです。

私の人望というよりはお腹の子のおかげで繋がったご縁です。

まだ生まれてもいない我が子ですが早く会いたい、元気に生まれてきてほしいなと心底思いました。

こんなにも誰かが良くしてくれることなんて結婚式も終わった今、残りの人生ではないだとうと思っていたので(笑)、本当に感激しました。

先輩ママさんたちからの心強いエールも受け取ったことですし、

無事に出産して産後もしっかりと我が子のお世話をしようと心に決めました。

 

・赤ちゃん用品の準備の進捗

日本からの取り寄せやこちらで産んだ方にお下がりを頂いたおかげで赤ちゃんの下着類はだいたい揃いました。
帽子、おくるみ、ガーゼハンカチ、沐浴に使えそうな手ぬぐい等々でクリブの引き出しは既にパンパンです。

揃っていないのは靴下ぐらいでしょうか。

あとはこれらの水通しをいつするか・・・。

デリケートな日本製の肌着類をアメリカの豪快な乾燥機にかけてしまっていいものか躊躇ってしまい、まだ実行できていません^^;

外に干すにも花粉が気になる季節ですし、室内干しはかえって雑菌が気になります。

うーん。やはりデリケートモードで乾燥機にかけるのがよいのか・・・。

悩み過ぎて既に5日過ぎています。笑
その他、ずっと悩んでいたdiaper pail(オムツゴミ箱)、抱っこ紐、ベビーモニターなど一気に買い進めました。

そのおかげか32wでかなりの準備が進んだように思います。

体温計や爪切りなど細かいケアグッズやベビーワイプなどまだまだ揃えなきゃいけないものがありますが、比較的値が張るものを買い揃えられたのでホッとしています。