桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州で暮らすアラサーぼっち妊婦の備忘録

妊娠17w さじ加減を間違えた

17週2日目のことです。

せっかくの週末なので外食をしたくなり、自宅から小一時間のところにあるベトナム料理店に行きました。

久しぶりの外食&大好きなベトナム料理。とっても楽しみにしていました。

お店の中もどことなくベトナムの雰囲気。店員さんもベトナム人

遠く離れたベトナムに旅行に来た気分でした^^

以前ベトナム旅行で食べたビーフシチューと海鮮フーティウ、定番の生春巻きを注文。

ひと口食べると口の中がベトナムに戻りました。

ただ、食べ進むにつれ襲ってくる膨満感は以前には絶対なかったもの。

香草も気を付けないといけないし、青ネギや生玉ねぎなどツンと匂いがするものは相変わらず受け付けません。

やっぱり味覚が変わってしまったなと思っているうちに満腹になり料理を残してしまいました。

麺類は持ち帰られないので、悔しい気持ちでお店を後にしました。

せっかく遠出したので前から行ってみたかったパン屋さんで食パンを購入。

さぁ帰ろうと車に乗り込んで5分もしないうちに、急激にお腹がぐるぐるぐるぐる・・・

この痛みは・・・下痢に違いない!!

恐らく便秘気味だった胃腸がついに悲鳴を上げたのでしょう。

そして思い当たるのがお店で出された冷水をごくごく飲んでしまったこと・・・。やってしまった~

絶望感いっぱいでしたが、夫が車線を変えた瞬間、そこには偶然Quick Trip(コンビニ兼ガソリンスタンド)がありました。

急遽寄ってもらい一目散でトイレに。なんとか一命を取り留めました。

先月も便秘が爆発して激しい腹痛に襲われましましたが、今回のように外出先で爆発すると想像以上の辛さがありました。

下痢で体の力が抜けてしまったので、次の目的地、Hmart内のベーカリーでホット柚子茶を買ってエネルギー補給。

柚子の皮の酸味と甘みがズタズタになった胃腸に染みわたりました・・・最高。

なんとかお米やら大根やらを買ってやっと帰路につきました。

我が町に戻ってくると落ち着きます・・・。

私の希望での外出だったのに結果的に体調を崩してしまいました。夫よすまない・・・。

いくら安定期といえども遠出はほどほどにしようと反省しました。

 その夜は大根のお味噌汁とごはんをおとなしく食べましたが、寝る前に胃痛。

牛乳で胃酸を落ち着かせなんとか就寝しました。

翌朝もまだ胃が痛いと思ったらまだ下痢気味でした。

マーライオンに負けず劣らず下痢も相当体力を消耗するので、午前中はぐったりと寝てしまいました。

しばらく胃にやさしい和食を手作りしようと決めた週末でした。

 

そしてもうひとつ。9月半ばに悩まされた痒み。

気づけば11月も下旬になり、ここジョージア州も朝晩は随分冷え込むようになってきました。

家の中はセントラルヒーティングで暖かいのですが、その代わり湿度が低く乾燥しています。

それでも日本の寒い家よりは遥かに過ごしやすいとは思うのですが・・・。

その乾燥のせいか、再びすごーく体が痒いのです。

足首、ふくらはぎ、頭皮、うなじ、手首、手の甲・・・前回の痒みとは少し部位が違います。

お風呂上りは特に足首、ふくらはぎが痒いです。

妊娠とは関係ない毎年の寒暖の差による湿疹の症状かもしれませんが、妊娠でさらに皮膚が敏感になっているような気がします。

妊婦も安心して使えるかゆみ止めがないか病院か薬局で聞いてみる必要がありそうです。

 

17週は下痢と痒み以外の不調は特に問題なかったのですが、

いくら安定期に入って過ごしやすくなったからといって以前と同じように動こうとしてはいけないなと思いました。

自分の調子は自分で見極めることが重要です。