桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州のアラサーぼっち子育て備忘録

妊娠9w まだまだ続く悪阻とホームシック

悪阻が続いています。

相変わらず肉、魚、野菜は一切受け付けないけど、マクドナルドのハンバーガーやコストコのホットドッグは美味しく食べられます。

体には全然良くないでしょうに・・・これらを食べているときは悪阻を忘れられます。

本当に不思議です。

新たにハマっているのは永谷園のお茶漬け。

安くないけど日系食材店で購入しました。

ささっと食べられるし温かいので、心を満たしてくれる数少ない貴重なメニューです。
コストコディナーロールも大きすぎず小さすぎずで味もほんのり甘くて美味しく食べられます。

朝や夜、お腹が空いてはちょっとずつかじっています。
日本にいたときはこんなにいっぱい2人で食べられないと2、3家族で分けてたのに・・・。

 

9wに入ってからにおいつわりは少しだけ改善しました。

皿洗いやキッチンのコンロ周りの掃除ぐらいはできるようになりました。

泡できれいに洗うことで匂いの元を消して気持ち悪さを紛らわそうとしているのかもしれません。

掃除の仕上げにハッカ油を使って、スッとした香りを嗅ぐとちょっとだけ気分が良くなります。

 

昼間つわりで苦しむ時間は少しずつ減ってきてきましたが

夕方から寝る前にかけて空腹による気持ち悪さや吐き気が強くなる傾向があります。

間食を重ねてなんとか空腹を紛らわせ、サプリを飲んで寝床につく、という日々の繰り返し。

毎日時間が過ぎるのをひたすら待っている感じです。

4ヵ月になれば治まるよ~と友人にも言われ、治まる日が待ち遠しくてたまらないのです。

 

そして、恐れていたホームシックがやってきました。

渡米3ヵ月にして妊娠約3ヵ月。孤独な妊婦生活はまだまだ序章です。

日本で住んでいた場所もとても気に入っていましたし、仕事関係で息苦しさを感じることもあったけど、日本の暮らしはやはり快適だったのだと思います。

食べたいものと食べられるものが全く違う、ほしいもの(日本のもの)が簡単に手に入るわけでもない、気軽に話せる友人がいない等々・・・今の環境に少しずつストレスが溜まっていたようです。

寝ている間、ふとしたときに首回りを無意識のうちにかきむしっています。

鏡でふと見てびっくり。体がSOSを発しています。

本音を言えば今すぐにでも日本に帰りたいのですが、帰ったところで住む場所もする仕事も出産の担当医もいないわけです。

長時間フライトは元々得意でもないし、今や自分だけの身体ではないので帰るに帰れない・・・。
気晴らしに日本のドラマを見たり、ニュースを読み漁ったりしましたが、逆効果です。

さすがに気が滅入りました。

時間が合えば日本にいる友達に出産の話を聞いたり、相談に乗ってもらったりして何とか気を保っています。

あとは子連れで一時帰国をする日を楽しみに今からせっせとプランを立てています。

来年の秋が最短かな・・・全然想像ができませんが、一時帰国本当に楽しみです。

 

悪阻もホームシックも早く治まってほしいものです・・・。