桃州滞在記

アメリカ・ジョージア州で暮らすアラサーぼっち妊婦の備忘録

アメリカでの食費

約1ヶ月経ったところで先月の食費を確認。

買い物は基本クレジットカードかデビットカードを使うようにしているので

明細を見ればどの分野でいくら使ったのかはっきりとわかります。

先月の食費は2人でなんと500ドル・・・!

これをデルタのカードで払っていればマイルが溜まったのに…!と一瞬思いましたが

日本発行のカードを日常的に使うのは手数料がかかるのでかえって損しますね。

日常的に使うなら絶対アメリカ発行のカードです。

それはそうと日本では月に約20,000円(外食除く)で生活していたので驚きでした。

日本での生活同様に、毎日主人にはお弁当を持たせ、3食自炊しているのですが・・・

早くも見直しが必要だと感じています。

一瞬消費税かしら・・・?かと思いましたが、

私の住んでる地域の食品の消費税は2%なので比較的低いです。

食費高騰の原因ではなさそうです。

 

全体的に物価が高いように感じます。

お肉や魚はまとめ買いをするとお得ですが、野菜がとても高いです。

大きなピーマンが2個で6ドル!と目玉商品で出てましたが安くはないですよー!

逆にミネラルウォーターはとても安いです。

1ガロン×6本で5ドル程度。

アメリカの水道水は飲めないほどではないですが、やはり独特の臭いがするので

味噌汁やお茶を作るときはミネラルウォーターを使うのが基本です。

あとお米は意外と安いです。7キロぐらいで8ドルほど。

日本の炊飯器を持ってきたので美味しく炊けています。

比較的日本の食材も手に入りやすいのですが、価格はざっと2~3倍。

日本では納豆を68円~100円でまとめ買いしていましたが、今は1パックあたり約2ドルで購入しています。

それでも日本の貴重なタンパク質・・・腹を括って購入しております。

日本と比べてはいけないんですけどね…つい最近まで日本にいたのでまだ感覚が慣れません…。
日本のスーパーって安くて美味しくて新鮮なものがいっぱいあるなぁと遠い日本に思いを馳せています。


外食も頻繁に行くのは厳しいです。チップも必要ですしね。

日本で500円も出せば、うどんや牛丼、定食など美味しいものが食べられますが、

こちらで5$出してもSUBWAYの日替わりサンドイッチを買えるか買えないか程度・・・。

10$以上は出さないときちんとした食事にはありつけないです。

そして言わずと知れたファストフード大国。
巨大かつ高カロリーな食べ物がそこら中に溢れています。

地図でダンキンドーナツマクドナルド、サーティワンが並んでいる場所を発見したときはゾッとしました。笑

個々で行くのは悪くないけど一気に行ってはいけない場所ですね。

 

あまり食費をケチケチすると栄養バランスが悪くなるし、何より心が荒みそうです。

何より口に入れるものなので粗悪なものを買うわけにはいけません。

夫婦2人での理想的な月々の食費はどの程度なのか…

家計管理能力と健康管理能力が試されているようです。